読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの握り寿司

Twitterでは足りないと思ったこと、残しておきたいことを書く

ソシャゲの課金は悪ではないけど…という話

 こんにちは。昼間からブログ書いてます。療養中です。

 タイトルのとおりダラダラ書きますけども、ソシャゲ。
 高額課金とかよく問題になりますけど、ゲーム性の高いゲームが普通に出るようになって、一時期のモバゲーやグリーみたいな問題は起こりづらくなってきたのかなと思います。金と時間をかけた人だけが楽しいってデザインのゲームは減ってきた印象。

 僕もグラブルFGOをやっていてそれなりに課金もしてきたんですが、課金は福袋とサプチケ(どちらも3,000円)だけにしようと決意しました。

 タイトルにも書いたとおり課金が悪いことだとは思っていません。今の自分は制限した方がいいと思っただけですので単純な課金批判目的の記事ではないことをご理解ください。

 課金で得られるもの

 基本的にはデータ。グラブルだとちょっと複雑ですが、回復アイテムorゲームで使うキャラクターと考えれば間違いない。今回は回復アイテムのことは言及しません。

 ガチャはだいたい1回300円。確定で一定以上のレアが含まれる10連ガチャは3,000円なのでこっちのほうがお得とされている。

 ゲーム内で手に入るアイテムでも回せるが、入手頻度が少ないので1年間貯めて一気に使うとかしない限りは、課金でほしいキャラクターを手に入れることになる。

 手に入るデータが課金額に見合うと課金者が思えば良い買い物になるので、芸術品につける値段のようなイメージ。価値観の話になるから、お金を払って満足できるならそれはそれでありだと僕は思っています。

ガチャというシステム

 コレが問題で、運のいい人は3,000円で済み、運が悪い人は200,000円払ってもキャラクターが手に入らなかったりします。

 グラブルは槍玉に挙げられたこともあって天井システム(90,000円課金すればそのガチャのピックアップ対象を自由に取得できる)を実装したが、FGOは未だに青天井である。(人気ゲームのデレステも同じく青天井)

 さすがに無尽蔵にお金が使えるわけではないので、そこそこ戦力も整ってきた今、ガチャに課金する気にはならなくなってきました。

課金が悪ではない理由

 先程書いたように、買い物の価値は買った側の価値観に依るところが大きいのが一つ。

 そして、お金を落とさないとコンテンツは存続できないということです。

 この意識はとても大事だと思う。基本プレイ無料ってとてもありがたいことなんだけど、それは課金ユーザーに支えられていることを忘れてはいけない。

 ゲーム運営も慈善事業じゃないので、ポケモンGOみたいに人の流れを制御できる可能性を秘めたメガツールならともかく、通常のソーシャルゲームはみんなが無課金で遊んでたら存続できない。

 運営の人件費、サーバー維持費、そのくらいしかパッと思いつかないけど、FGOは800万ダウンロードだし、グラブルは1400万という。リセマラもあるから実際の数はもっと少ないだろうけど、アクティヴユーザーの数だけで相当だと思う。それを受け入れてパンクしない(たまにしてるな、FGOさん)サーバーって維持費がとんでもないことになっているはず。それをメンテナンスしている人、ゲームを作っている人、イラストレーター、シナリオライター、声優、それらすべての人の給料ですよ。

 全員が無課金で遊んでたら賄えるわけねーだろってんだ。

それでもガチャは割高

 今までのコンシューマと比べるのは間違いかもしれない。リアタイで動くゲームなのでサーバー維持とか大変なのはわかる。売ってお終いじゃないからね。

 とはいえ、青天井ガチャは割高。ボリュームたっぷりのコンシューマソフトがどんなに高くても10,000円には収まることを考えるとSR確定でも3,000円ってやっぱ高い気がする。だってSSRが存在するんだもん。

 十分な収入がある方は、好きなものにドンドンお金を使ってクリエイターを支えてほしい。でも僕は現状十分な収入があるわけではないので、クリエイターを支えるよりまず自分を支えないといけないと思いました。

サプチケと福袋はアリ

 どちらも簡単に言うと、最高レアリティ確定のガチャ。グラブルだとサプチケFGOだと福袋

 一回3,000円と通常の十連と同じ値段にも関わらず、任意の最高レアキャラクターを入手できる。FGOだと任意の属性どまりだけど、それでも欲しいものを狙える確率は相当高い。

 開催頻度が少ないのもお財布に優しい。FGOは1年に1回しかコレ引けないの流石にどうかと思うけどな。

 3,000円というとだいたいマンガ6冊分くらいだし、コンシューマゲームと比べるとムムムだが、そこまで高い買い物というわけでもない。アーケードで格闘ゲームやってればすぐに溶ける額ですよ。

自己投資になりづらい

 基本的にはお金って使ったら使っただけ自分に跳ね返ってくると思っている。

 高額な買い物ほど自分の糧になることが多い。

 でもソシャゲの課金は少し違う。それは前述のガチャシステムだから。

 3,000円で手に入る人もいれば200,000円使っても手に入らない人もいる。買い物は個人の価値観次第とは言え、ゲームのキャラ一1人に200,000円は高すぎる。余裕で1ヶ月暮らせるぞ。

 キャラの適正価格がどれくらいなのかは価値観もあるので分からないが、僕個人の考えではせいぜい10,000円程度なのではないかと思う。グラブルの9万円天井もちょっと高いと思う。

 もちろん、欲しいキャラを使用する時間というのは何事にも代えがたい尊いものだけど、天井がなかったり高すぎたりする現状は、コスパが悪すぎるのではないか。

課金はよく考えて

 そんなわけで、僕は課金を制限することにしました。

 理由は書いてきたとおり、最高レア確定以外は割高だと思うから。

 また、自分は無尽蔵にお金を使えるわけではなく、自己投資にお金を回したいから。

 でも課金はコンテンツを支えるのに必須だし、無課金自慢する人は頭ヤバイとも思っているので、アコギな商売をせずともゲームクリエイターさんたちが食べていける世の中になればいいなと思います。